しょうゆだんご

のりまきだんご

ぎょうざ煎餅

 

昭和初期からせんべい屋を営んでいます。

千明だんごとして、だんごを売り始めたのが、昭和55年。

取材に応じてくださった専務 大塚伸太郎さんの母 加都江さんが創めました。

 

この頃時代の流れで、多種多様なお菓子が出てきました。

そこでせんべい以外でも何か画期的な商品はないかなあ…と考えたところ、

せんべいの原料と同じ、だんごを売りだしたのが始まりだそうです。

 

千明だんごの特徴は、一般的なしょうゆだんごと異なり、

甘さ控えめで食感がとてももちもちしています。

見た目からして全然違います。

 

 

このしょうゆの味は、昭和55年からほとんど変わっていないそうです。

食べたことも見たこともない、だんごだったので、とても驚きました。

小さな子どもからお年寄りまで、好んで食べられることもあって、1番人気の商品です。

飽きが来ないのも人気の理由。

それになんといっても、焼いた後に付けるしょうゆの香ばしい香りがたまりません。

 

 

☆今回初めて知ったことは、『うるち米』と『もち米』の違いです。

『うるち米』とは、一般的に日本人が食べているご飯のことで、

せんべいやだんごは、これが原料になっています。

“もち米が原料”と思っている方が、とても多いそうです。

 

実は、私もそのひとりでした…。
『もち米』は、お赤飯などのおこわや、あられ、かきもちの原料です。

身近な食べ物なのに知らないことが多いものですね。とても勉強になります。

 

 

千明だんごには、自社工場内に製粉する設備があります。

そのため、だんごを作るその日にうるち米を製粉することができます。

ですから千明だんごで使用する米粉はとても鮮度が良いです。

このような理由で、千明だんごは独特のもちもち感が感じられるのです。

どうりであんなに美味しいのですね…!!

 

 

本当に今回、素晴らしいさいたまの名物菓子を発見しました。

だんご以外にも、にんにくが効いてる『ぎょうざ煎餅200円(5枚入り)』や

七味の効いた『七味からし200円』などせんべいや

“いがまんじゅう”なども販売しています。

※支店には、だんご以外置いていない商品があります。

 

 

 

千明だんごのスタッフさんは、

みなさんとっても笑顔が素敵で買いに行くのが楽しみになります。

だんごは生もので日持ちしないため、買ったその日に食べてくださいね。

 

 

☆しょうゆだんご1本70円
☆のりまきだんご1本80円
☆草だんご3本270円・5本450円
☆あんだんご3本240円・5本400円

 

※ 2014年4月の消費税変更前の価格となります。

 

 

千明だんご本店
鴻巣市上谷841-4

地図はこちら

048-541-2270
8:30~19:00
定休日 木曜日

*

  • いろいろ つぶやいています!

ページ上部に